2016年度シラバス
科目名
ロボット創成実験
シラバスNO
1611B00485
担当教員
友國 伸保,岡 正人,黄 健,小谷内 範穗,柴田 瑞穂,田上 将治
開講年次
3年次
単位
2単位
開講期
後期
分野
科目区分
専門科目
必修選択の別
英文科目名
Creative Challenge of Robotics
備考
授業概要・方法等
 本講義では、これまでの授業で学んだロボット関連の理論と、実験演習で学んだロボットの設計法と製作技術、センサ技術、プログラミング技術、制御系の構築などの各種技術を総合的に運用して、一つのロボットを製作するというロボットづくりプロジェクトを行う。本講義で機械工学、電気電子工学、制御工学の理論知識を総合的に運用することにより、ロボット製作の一連作業を通じで豊かな創造力と問題発見・解決の応用力を養う。
学習・教育目標及び到達目標
1.機械工学、電気電子工学、制御工学の理論知識の総合的な運用力を習得する。
2.ロボット製作を通じで豊かな創造力と問題発見・解決の応用力を習得する.
成績評価方法および基準
課題 50%
実験レポート 50%
授業時間外に必要な学修
要求された課題を達成するために必要な知識・技術について必要に応じて復習・調査・検討を行う。
教科書

【留意事項】適宜プリントを配布する
参考文献
関連科目
ロボット工作基礎Ⅰ・Ⅱ、電気回路Ⅰ・Ⅱ、デジタル電子回路、メカトロニクス、アクチュエータ工学など
授業評価アンケート実施方法
工学部実施規程に準拠して行う.
研究室・メールアドレス
tomokuni@hiro.kindai.ac.jp,oka@hiro.kindai.ac.jp,huang@hiro.kindai.ac.jp,koyachi@hiro.kindai.ac.jp,shibata@hiro.kindai.ac.jp,tagami@hiro.kindai.ac.jp
オフィスアワー
黄:水曜5時限
授業計画の項目・内容
第1回      競技ロボット製作の概要説明・グループ分け
第2回      役割分担・機構案検討
第3回      概要設計
第4回      ロボット設計案発表資料作成
第5回      ロボット設計案全体発表会
第6回      ロボット設計講習会① 機構・電気・プログラムの概要
第7回      ロボット設計講習会② 設計資料作成の概要
第8回      ロボットの機構設計① 全体構想
第9回      ロボットの機構設計② 部品設計
第10回     ロボットの機構設計③ 組立設計
第11回     ロボットの製作① 部品製作
第12回     ロボットの製作② 部品製作と組立
第13回     ロボットの製作③ 組立と試運転
第14回     ロボット競技会
第15回     成果発表会
ホームページ